いざという時に役立つ葬式基本知識

得てして予期せぬタイミングで不幸は起こるものです。親戚、友人、会社関係者などの突然の訃報を聞き、葬式に臨むことになったが、あまりルールやマナーがわからないので知らぬ間に無礼を働いていないだろうかと不安になる経験をしたことがある人は多いと思います。子供の頃から何年かおきに葬式参列経験はあるものの、しっかりルールを教えられることなく何となく周囲の大人の真似をしてその場を乗り切ってきた人も多いことと思いますが、大人になってからはそれでは通用しない場も増えてくるため、一度しっかりとルールやマナーについて学んでおくことが好ましいです。不意の訃報にも慌てず恥ずかしくない対応ができるよう、葬式の流れについて、そして服装や小物のマナーについてみていきたいと思います。

通夜、葬儀、告別式、の意味合いと流れ

今は葬式の簡素化で1日だけで行う人も増えていますが、一般的には葬式は一日目に通夜、2日目に葬儀・告別式という流れで行われます。通夜も葬儀・告別式も基本的には僧侶の読経に参列者の焼香という流れの式となるため、同じことを2回していると思う人もいるかと思いますが、実はそれぞれ意味が異なります。通夜は元々ごく親しい人が故人を偲んで過ごす最後の夜、葬儀は故人を現世からあの世へと送り出す宗教儀式、告別式は故人と親交のあった人々が最後にお別れをする場、とそれぞれ異なる意味がある式なのです。元々はごく親しい人が通夜に出る風習でしたが、近年ではごく親しい人でなくても葬儀・告別式に出られないので通夜に参列するという人も増えていて、元々の意味合いからは変化しつつあります。

葬式に参列する際の服装とマナー

葬式に参列する場合は、喪服を着用します。喪服を持っていないので黒スーツで参列する人もいますが、喪服売り場で扱っているもの以外を選ぶ場合、特に女性はデザインに注意が必要です。肌を露出することはマナー違反なので、スカートの長さは座った時に膝が出ない長さで、袖は長袖または夏服でも七分袖以上の長さが無くてはなりません。また、男女共に靴も黒で、飾りがついていない物を選びます。男性は黒靴下、女性は黒ストッキングです。冬場は黒タイツを履く人もいますが、正式にタイツはカジュアルなのでNGです。女性のバッグは黒のハンドバッグで、ショルダーバッグもカジュアルになるためNGとされています。アクセサリーをつける場合は真珠の一粒イヤリングと一連ネックレスのみOKです。二連のパールネックレスは不幸が重なるという意味合いになるので絶対にしてはいけません。

年間施行件数20,000件!NHKで紹介された「小さなお葬式」のお客様満足度は97%。 葬儀プランは定額料金で追加料金は一切不要です。 電話・メールなど24時間対応可能です。 支払い方法はクレジットカード、現金、分割払いに対応。 お葬式は「小さくていい」という声から、サービス開始わずか6年で、年間施行件数2万件、業界3位! お葬式のことなら24時間お電話対応致します