こんなときどうする葬式のあれこれ

人の死は必ずやって来るものです。しかしいつやってくるのかはわかりません。長患いの方もおられれば、不慮の事で悲しいお別れが来る人もおられるでしょう。そこでいざという時にあわてないために流れを知っておくことが大切だと思います。まずは自分の家の宗教を知ることから始めなければならない方もおられると思います。お葬式をしたら親戚から宗派が違うと怒られたという話も聞くこともありますのでご注意ください。それがクリアできていたら葬儀社を探すことが第一になると思います。先祖代々からお付き合いのあるお寺とかの紹介もあるかもしれませんが、とりあえず病院から自分たちで運び出すのは無理ですので葬儀社を呼ぶことになります。葬儀社によって料金やサービスや会館があるかないかなど色々ですので、あわてず探しましょう。

葬儀の前にしなければならないこと

葬儀社が決まったら、まずどのくらいの人に知らせるか考えましょう。家族だけでして後から知り合いがひっきりなしに家にやってきて大変だったという話もありますのでよく考えましょう。そこでどういう場所(自宅・会館・寺院など)でするのかが決まります。そして役所に死亡届を出す前に故人の通帳からお金をおろしましょう。出してしまうと預金は全部凍結されてしまうからです。次に葬儀をする日にちを決めます。それから仏教ならば菩提寺のお坊さんを呼んで枕経をあげてもらいます。そして納棺。お通夜という流れになります。しかし、それまでの間に祭壇や棺桶を選んだり、自分達だけでは全部できませんので手伝ってもらう人を頼んだり、通夜の時に渡す返礼の品とか、残った人に食べていただく料理などの手配があります。

葬式をとり行うタイムスケジュールなど

一般的には葬式が終わってから火葬のところが多いですが、葬式の前に火葬をされてからというところも多いです。しかし流れ的にはあまり変わりはありません。受け付けも終わりお坊さんが入場して亡くなられた方が成仏できますようにとお別れ儀式をします。これが葬式です。仲が良かった人が代表でお別れの言葉を述べられることもあります。これを弔辞といいます。葬式が終わると、葬儀の後に火葬の場合は供花を切ってみんなでお花を棺桶の中に入れて故人に最後のお別れをします。そして霊柩車で斎場に行き火葬となります。他方によっては終わるまで斎場にいてお骨拾いをするところもありますが、だいたいは火葬が終わるまでの間に精進落としといって食事をします。それからお骨拾いをして初七日を引き続きすることが多いですね。かなりハードなので、疲れが出ないように頑張ってください。