葬式などのセレモニーでの注意点

急な訃報に、とるものもとりあえず葬儀にかけつける。人生の中で何度かは出くわす場面ですよね。突然のことなら慌てるのは当たり前、人が生まれたら一度は訪れる死、そして、それを見送るお葬式。どんなに人生経験をつんでいても、お葬式に慣れた人なんて、そうそういません。そして、それはご遺族も同じことです。おまけに故人と関わりの深いご遺族は、つよい哀しみのなかにあることでしょう。そんな中、知らぬ事とはいえ、失礼な行動で、ご遺族の気持ちを逆なでするようなことにでもなったら、大変、申し訳ない話です。ご遺族が、そして、あなた自身が、心おだやかに故人を送り出すために、ここで、慌てて、駆けつけたい気持ちをぐっとこらえて、ここでお葬式の注意点をおさらいしましょう。

お通夜と告別式に参加する際の注意点

本来は、お通夜は身内や、ごく親しい間柄の人達が参列するもので、告別式は仕事関係、知人、友人といった程度の間柄の人が参列するものとされています。しかし、告別式は昼間に行われることが多く、仕事の種類によっては参加できない人もいますので、かならずしも、身内やごく親しい人でなければ、お通夜に参加してはいけないというわけではありません。また、本来は遅刻厳禁なのですが、参列者の準備が整っていないのが当たり前のお通夜では、それも大目にみられます。多少、遅くなってもいいので、ちゃんとお悔やみをすますことを優先しましょう。そして、そうなることを見越して、お通夜は後ろに長く時間がとってあるのです。ただし、お焼香のあとのお清めに誘われた時は丁重にお断りするか、参加したとしても長尻にならないよう気を付けましょう。また、お悔やみを申し上げる時も、だらだらと世間話をしたり、不躾に故人の死因を聞くことはやめましょう。さらに付け加えると、「死んだ」といった表現は避け、「他界」「お亡くなりになった」というように「死」に対しては、遠まわしな表現を使うようにした方がよいでしょう。

葬儀に参列した際の、さらに細かい注意点

受付香典はふくさに包み持って行きましょう。ふくさがなければ、白いハンカチなどでも結構です。とにかく、丸裸で香典を渡すことはやめましょう。服装基本的には、男女ともに喪服です。ただし、お通夜の場合などは、とるものもとりあえず駆け付けたという前提があるので、黒っぽいスーツや黒い洋服でも問題ありません。アクセサリー装飾品は、極力避けましょう。腕時計といった物も金色などは避け、なるべく地味な物を身につけましょう。女性のネックレスなどでは、涙の粒を連想させる真珠などは、問題ないとされていますが、二重以上に巻くようなネックレスは、不幸が重なるとされ嫌がられるので気を付けましょう。バック、ベルト、靴といったその他の小物は、光沢のない材質で黒い物を選ぶのが無難でしょう。…以上、葬儀の注意点をあげてみました。故人の信じていた宗教によっては、当てはまらない場合もあるかもしれませんが、故人を悼み、ご遺族を思いやるという根底の心情が同じならば、そう大きく食い違うこともないと思います。どうぞ、心を込めて、故人を送り出してあげてください。