葬式のルールとマナーを正しく理解しよう

葬式を行う人にも、葬式に参列する人にも、ルールやマナーというのがあります。故人を思う気持ちを丁寧に形として行うような式にします。喪主や遺族はきちんと届け出などをして、葬式の準備、それは会場のことや、参列してもらう人を誰にするのかを決めたりします。参列する人も、失礼のないマナーが求められます。その場にふさわしい会話であったり、態度であったりします。葬式にはいろいろな宗教によって、仕方が違うことも多いです。しかし、誰もが故人を思い、安らかに眠るようにと気持ちを込めて送り出すことが大切です。訃報を聞いたらできるだけ早くにお悔やみの言葉を伝えるようにして、それが叶わないような時、仕事で遠方にいるとか、あるいは病気で行けないような場合には気持ちを弔電に託すことも大事です。

葬式を行うことになったら遺族は

お葬式の時のルールというのは、誰もがそれを守らなければならないものに、誰かが亡くなった時に、それは病院での場合では主治医や担当の医師から死亡診断書を書いてもらう事から始まります。それが自宅であった場合でもかかりつけ医などにそれを書いてもらうようになります。それから、葬式の準備になっていきます。最初に喪主を誰にするのかを決めていきます。故人に配偶者がいる場合は配偶者がすることが多いのですが、子どもがすることも多くなってきています。葬式を行うようになるのは誰でも突然で急な場合になるので気持ちの整理がつかなくて慌てることもありますが、多くの人は葬儀社に通夜、告別式を依頼することになります。家や故人の宗教の違いにもより、葬式を行う方法などに違いがあります。知り合いが亡くなったと知った時にはとりあえず駆けつけて家族にお悔やみの挨拶をするのがマナーとなります。

葬式のマナーには遺族も参列する人にも

親戚や知人が亡くなって葬式となった時には、葬式を行う方にも参列する方にもマナーが必要となります。服装は以前なら喪主や遺族は和装など正装となることが多かったのですが、現在は洋装でする人が多いです。遺族の中に学校に通う子どもには制服があれば制服にします。その時にはアクセサリーや派手な時計などは外すのが礼儀です。参列者には以前なら通夜は急なことなどで用意をしていなかったという意味を込めて礼服は着用しなかったのですが、近年は通夜でも着る人が多くなっています。香典を持参する場合の表書きもそれぞれの宗教により違いがありますが、詳しいことがわからない時には御霊前などがすすめられます。お世話になった方だからとお供物や生花などを一緒に思う人もいますがそのことも喪主や葬式を行う会場によりできない場合もあります。1度気持ちを伝えて聞いてみることがいいです。